© 2017 Fujinaga laboratory

 

藤永由佳子 教授

松村拓大 講師

油谷雅広 助教

阿松 翔 博士研究員

小林伸英  博士研究員

鯉野洋子 技術補佐員

赤木佐千代 技術補佐員

齋藤和輝 D1

北村真悠 M1

森本ちよの M1

MRT配属  学部5年生 1人

教員のプロフィール

藤永由佳子

学歴・研究歴


1982  北海道立札幌南高等学校卒業
1982〜1986  北海道大学薬学部
1986〜1988  北海道大学大学院薬学研究科修士課程 薬効学教室、
百日咳毒素を用いたGTP結合タンパク質の機能解析の研究に従事。
1988〜1992  札幌医科大学大学院医学研究科博士課程 がん研究所分子生物学教室、パピローマウイルスと子宮頸癌の研究を行う。
1992〜2004 岡山大学医歯学総合研究科 病原細菌学教室 助手
ボツリヌス毒素の構造と機能の研究に従事。
1999〜2002 米国、ハーバード大学医学部, Children’s Hospital, GI Cell Biology,Dr. Wayne I. Lencer のラボ。コレラ毒素の細胞内輸送の研究を行う。
2004〜2005 大阪大学微生物病研究所・独立特任助手、以後、ボツリヌス毒素について体内侵入機構を中心に研究。
2002〜2006 科学技術振興機構 さきがけ研究員(兼任)
2005〜2011 大阪大学微生物病研究所・感染細胞生物学研究グループ・特任准教授
2011〜2015 同上。特任教授
2015〜現在  金沢大学医薬保健研究域医学系細菌学・教授

学位
1992    医学博士

免許
1986 薬剤師国家試験合格

所属学会、役職名
 日本細菌学会 評議委員(2015〜)
 日本分子生物学会
 日本薬学会
 毒素(トキシン)シンポジウム 運営委員(2005~2007)
 IBRCC meeting (Intergency Botulinum Research Coordinating Committee Meeting) (2008〜)
  International neurotoxin association、Basic science subcommittee of Toxins 2012, 2015

受賞
2004 日本細菌学会黒屋奨学賞
2013   大阪大学総長顕彰
2014   大阪大学総長

松村拓大

学歴・研究歴
1997 鹿児島県立錦江湾高校理数科卒業
1997〜2001 岡山大学薬学部薬学科
2001〜2003 岡山大学大学院自然科学研究科医療薬学専攻博士前期課程
2003〜2007 岡山大学大学院医歯学総合研究科社会環境生命科学専攻博士後期課程
2007〜2011 大阪大学微生物病研究所附属感染症国際研究センター感染細胞生物学研究グループ・特任研究員
2011〜2016 大阪大学微生物病研究所附属感染症国際研究センター感染細胞生物学研究グループ・特任助教
2016〜現在 金沢大学医薬保健研究域医学系細菌学・講師

学位
2007  医学博士

所属学会
 日本細菌学会
 日本生化学会
 毒素(トキシン)シンポジウム、運営委員(2016〜)
 IBRCC(Intergency Botulinum Research Coordinating Committee)meeting

受賞

 2019 日本細菌学会黒屋奨学賞

油谷雅広

学歴・職歴

2003 大阪府立今宮高等学校 総合学科 卒業
2003〜2007 大阪市立大学 理学部 生物学科
2007〜2009 大阪市立大学大学院 理学研究科 前期博士課程 生物地球系専攻
2009〜2012 大阪市立大学大学院 理学研究科 後期博士課程 生物地球系専攻
2012〜2016 大阪大学 微生物病研究所 感染細胞生物学研究グループ特任研究員
2016〜現在 金沢大学 医薬保健研究域 医学系 細菌学 助教


学位
2012 博士(理学)


所属学会
日本農芸化学会(〜2012)、日本生物工学会(〜2012)、日本細菌学会、
IBRCC Meeting (Intergency Botulinum Research Coordating Committee Meeting)