© 2017 Fujinaga laboratory

第65回 トキシンシンポジウム

終了しました
開催日
場所 
: 平成30年7月11日(水)〜13日(金)
: KKRホテル金沢
更新情報
毒素シンポジウム(学会名)とは

生物が産生する毒素の研究者から構成され、生物毒素の学術研究の進歩を促進することを目的とする学会です。

生物毒素および生理活性物質についての研究者が集まり、学術討論を行なう「トキシンシンポジウム」(大会名)を毎年開催しています。

過去の演題は こちら  (毒素シンポジウムホームページ)

 
入会方法
毒素シンポジウムへの入会がお済みでない方は 毒素シンポジウム事務局ホームページ より入会手続きを行って下さい。
 
開催概要
開催日
場所 
参加費
: 平成30年7月11日(水)〜13日(金)
: KKRホテル金沢  http://kkrhotelkanazawa.gr.jp/
: 一般会員  29,000円、 学生会員(発表者)  20,000円、 非会員  34,000円
 内訳 –  宿泊費(二泊分)、朝食代(二食分)、一日目夕食代、二日目夕食(懇親会)代
      交流演題発表時飲食代、予稿集代   など
    発表しない学生会員の参加費は一般会員と同額になります。
   (学生の方でも会員でなければ 非会員 34,000円となります)
 
参加申込
参加および宿泊申込みについての詳細は、以下のPDFファイルを御覧ください。
参加申込みフォームをダウンロードし、ご所属のグループごとでお取りまとめの上、必要事項を
ご記入下さい。その後、電子メールにて第65回 トキシンシンポジウム事務局までお送り下さい。
メールの件名は 「トキシンシンポ参加申込み 所属・代表者氏名(例えば金沢大学・藤永 由佳子)」
として下さい。
締め切り
 参加申込み : 平成 30 年 6 月 7 日 (木)
 参加費納入 : 平成 30 年 6 月 15 日 (金)
参加および宿泊申込みのご案内
参加申込みフォーム
第65回トキシンシンポジウム事務局  メール
 
演題登録
以下の演題登録フォームをダウンロードし、必要事項を記入のうえ、電子メールにて第65回トキシンシンポジウム事務局までお送り下さい。
メールの件名は「毒素シンポ演題登録 氏名(例えば、藤永 由佳子)」として下さい。
演題登録の締め切り2018年2月23日(金)といたします。
(2018年2月23日 追記)
演題登録の締め切りを2018年2月28(水)まで延長致します。
(2018年2月28日 追記)
すべての演題登録を締め切りました。ご登録、ありがとうございました。
・発表形式
(1) シンポジウム(指名講演)
口頭発表 (質疑応答を含めて 20〜30分を予定)
口頭発表 (質疑応答を含めて 15〜20分を予定)
(2) 若手奨励演題
若手奨励演題での発表者は、平成31年4月1日時点で満35才以下の者、または発表時に大学院修士課程あるいは博士課程の学生である会員に限ります。なお、若手奨励演題の中から、特に優れた発表をし、これからの生物由来生理活性物質研究の発展に貢献しうる若手会員に対し、「毒素シンポジウム奨励賞」を授与します。
(3) 交流演題
口頭発表 (質疑応答を含めて 5〜10分を予定)
取り組んでいるテーマのご紹介やネガティブデータでのご発表等、参加研究者間の交流やご自身の研究の問題解決等にお役立てください。
 (要旨集には氏名・所属・タイトルのみ記載致します)
※ 発表には原則としてPowerPointを使用します。
なお、演題数によっては、実行委員会事務局より発表形式の変更をお願いすることがありますので、予めご了承下さいますようお願い致します。
・発表要旨
演題が採択された方には、予稿集原稿を作成していただきます。
本ホームページから原稿フォーマットをダウンロードしていただく予定です(4月上旬予定)。
原稿の締め切りは5月末を予定しています。
プログラム
 
以下のPDFファイルをご覧ください(180609 更新)
プログラム
 
演者の方へ
< 予稿集原稿作成のお願い >
シンポジウム(指名演題)、若手奨励演題にて発表される方には予稿集原稿の作成をお願い致します。
詳細は以下のPDFファイルを御覧ください。
原稿締め切り : 平成 30 年 5 月 31 日(木)
指名講演 演者の方へ
若手奨励演題 演者の方へ
予稿集原稿テンプレート
原稿提出先 : 第65回トキシンシンポジウム事務局  メール(指名講演 演者の方)